仕事算導入

仕事算

例題

ある道のりを行くのに、車なら9分、自転車なら30分、徒歩なら45分かかります。この道のりを車、自転車、徒歩でそれぞれ同じ時間ずつかけて行くとすると、何分かかりますか。

解説

吹き出し用まなぶくんイラスト

9、30、45の最小公倍数は90
全道のりを90とします。

1分で進む道のりはそれぞれ、
車は10
自転車は
徒歩は

あれ、簡単かも!?

吹き出し用カンガルー先生イラスト

はい、とても良くできていますよ。

吹き出し用まなぶくんイラスト

「車、自転車、徒歩でそれぞれ同じ時間ずつかけて行く」のだから・・・

車で1分、自転車で1分、徒歩で1分かけて進む道のりは、
1015

車で2分、自転車で2分、徒歩で2分かけて進む道のりは、
15×2=30

90になるのは、

15×?=90

?=6
つまり、
車で6分、自転車で6分、徒歩で6分かけて進むから、全部で18分
求まりました。
18分です!

吹き出し用カンガルー先生イラスト

正解です。

最後に、「6分」と間違ってしまう人が多い問題なんだよ。

仕事算に戻る