食塩水と比

食塩水における「比」の利用を学習します。

食塩水と比

吹き出し用カンガルー先生イラスト

食塩水での「比の利用」について見ていくよ。

吹き出し用まなぶくんイラスト

濃さが10%とか・・・食塩水は、はじめから「比・割合」の話じゃないですか。
なにを今さら・・・

吹き出し用カンガルー先生イラスト

うん。それはそうなんだけどね。

これから学習していくのは、
「2つの食塩水を比べる」という意味での「比の利用」なんだよ。

導入例題で見ていこう。

導入例題1

10%の濃さの食塩水Aが、4%の濃さの食塩水Bの2倍の量あります。
Aにとけている食塩の量は、Bにとけている食塩の量の何倍ですか。

解説

吹き出し用カンガルー先生イラスト

2つの食塩水は以下のようになっています。


中学受験算数カンガループリント 食塩水と比の利用0010
吹き出し用カンガルー先生イラスト

Aにとけている食塩の量は、0.2
Bにとけている食塩の量は、0.04

0.2÷0.04=5
5倍ですね。

吹き出し用まなぶくんイラスト

なるほど。2つの食塩水を比べていますね。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

もちろん、「濃さ」だって比を使ってもOKだ。
10%と4%だから、濃さの比は5:2


中学受験算数カンガループリント 食塩水と比の利用0020
吹き出し用まなぶくんイラスト

とけている食塩の比は、10:2=5:1
確かに5倍ですね。
比で計算しても同じ。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

あたりまえだよね!

食塩水には3つの要素がある。
それぞれ2つの食塩水を比べれば、
「全体の比」
「濃さの比」
「食塩の比」
の3つがあるということです。
このうち、2か所の比が与えられれば、最後の1か所の比が求められるわけ。
当たり前だよね。速さの比だって面積の比だって、この仕組みは共通なのです。

次ページからの例題でどんどん学んでいきましょう!

→ 次のページ