例題4

3600円をA、B、Cの3人で分けました。AはBの3倍、BはCの2倍もらいました。Aはいくらもらいましたか。

解説

吹き出し用まなぶくんイラスト

「~倍」を線分図で表すと・・・
Aが③で、Bが①

あれCは・・えっと、Bの半分だから、〇0.5だな


中学受験算数カンガループリント 倍数と線分図 0080
吹き出し用カンガルー先生イラスト

OK。
これでも解けるよ。
でもね、Cから考え始めてみたらどう?

吹き出し用まなぶくんイラスト

Cの2倍がB、Bの3倍がA
なるほど。すんなりいきますね。


中学受験算数カンガループリント 倍数と線分図 0090
吹き出し用まなぶくんイラスト

全部で⑨、これが3600円ですね。

⑨=3600
だから、
①=400

Aは⑥だから、2400円
Bは③だから、800円
Cは①だから、400円
3人の合計が3600円になるので矛盾なしです。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

お見事!正解です。

保護者さまへ
  
いずれ学習する「連比」とも言えます。
比を学習した後、改めて〇数字の活用を本格的にはじめることになります。

慣れてくると「~倍」は線分図をかかないで、式処理だけで十分解けるようになります。
線分図は「~倍」を表すことよりも、差を表現することに適している図なのです。