損益

複数の商品・比の活用

例題2

ある商品を1個につき400円で何個か仕入れました。原価の5割増しの定価で、仕入れた個数の6割を売り、定価の1割引きで仕入れた個数の3割を売りましたが、残りは最後まで売れませんでした。利益が36600円であったとき、この商品を仕入れた個数は何個ですか。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

例題1と似ているでしょ。今回は、何個仕入れたのかがわからないわけだ。
だから、仕入れた個数を100個とか決めてしまえば、あとは計算を進めていくだけで解けそうだと想像できるね。
もちろん数値は100でなくていい。計算が楽になりそうな値を選べばいい。

吹き出し用まなぶくんイラスト

そうですね。仕入れた個数を10個としてみます。面積図は下のようになります。


中学受験算数カンガループリント 損益 複数 0512
吹き出し用まなぶくんイラスト

クリーム色の面積-水色の面積=利益だから、

200×+140×-400×=1220

利益が36600円だから、
1220=36600
=30
仕入れた個数を10個として解いているので、
10=300
300個仕入れました!!

吹き出し用カンガルー先生イラスト

大正解です!
不明な量と、それに関する比・割合があるときは、○や□などの仮の数値でおくのが鉄則ですね!

→ 次のページ