複数の商品の損益

複数の商品を売るときの問題を扱います。面積図との相性がよいです。解法パターンが決まっている問題が多いので、得点源にしましょう。

具体値のみで処理する問題

例題4

ある商品を100円で何個か仕入れました。仕入れ値の5割増しの定価で何個か売れましたが、、残りの20個は最後まで売れずに、捨てることになりました。利益は全部で1500円だったとき、仕入れた個数は全部で何個ですか。

解説

 

吹き出し用まなぶくんイラスト

とにかく面積図です!


中学受験算数カンガループリント 損益複数 0080 
吹き出し用まなぶくんイラスト

これは、黒い長方形と、赤い長方形の面積の差が利益1500です。

黒い長方形と赤い長方形に着目しても解けないですね。

ならば、クリーム色から水色を引けばいいですね(下図)。


中学受験算数カンガループリント 損益複数 0090 
吹き出し用まなぶくんイラスト

水色は、100×20=2000
だから、クリーム色は、2000+1500=3500

50×?=3500
だから、?=70

つまり、70+20=90
仕入れた個数は90個です。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

正解!
またしても面積図を上手に活用できたね。

ちなみに・・・
クリーム色部分よりも、水色部分の方が広いならば・・・
商売全体で損が出たことになります。わかるよね?