ステップ2  売れない・・・なら安くても売れてほしい!!

吹き出し用カンガルー先生イラスト

商売の話はあともう1つあるんだ。

吹き出し用まなぶくんイラスト

1つだけですね。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

うん。あとたった1つ。
定価で売ろうとしてたけど、あれれ?
売れないぞ・・・こういう話。
先ほどの八百屋さんのことを想像してみよう。
自分が八百屋さんになるんだぞ、八百屋さんごっこだ。
500円で仕入れて、800円でメロンを売ろうとしていた八百屋だよ。
さて、800円のメロンが売れない。売れると思ってたのに売れない。
どう想像できた?

吹き出し用まなぶくんイラスト

あ、はい。メロンが腐ってしまいます。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

もしメロンが腐ってしまったら、いくら損する?

吹き出し用まなぶくんイラスト

800円・・・?

吹き出し用カンガルー先生イラスト

ブッブー!!
八百屋さんになりきれていないな。ダメだよ。
ちゃんと自分自身が、お金をやりとりしている想像ができてないよ。
算数は想像力だぞ!

吹き出し用まなぶくんイラスト

えっと。そうか。ぼくは500円払ってメロンを仕入れたんだ。
500円の損をします。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

そうだね。OK。
ちなみに腐る前に自分で食べれば損はしないんだけどね。
500円で自分のためにメロンを買ったのと同じことだ。

吹き出し用まなぶくんイラスト

でも、腐る前に安売りをした方がいいかな。
お母さんと買物に行ったとき、売れ残りを安売りしているのを見たことあります。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

そうだね。お刺身とか、お惣菜とか、安売りしている所は実際にスーパーなどで見ることができるよね。今度あらためて気にかけて見てみてほしい。

では改めて、八百屋さんになりきって安売りを見ていくぞ。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

 
このままでは売れないままくさってしまう・・・それなら、800円より安くてもいい、とにかく売れ残ることだけは嫌だ。
よし、160円安くして、640円で売ろう!

この状況を算数の言葉、計算式に直すと以下のような引き算の式になる。
まず全体像と、商売特有の言葉を覚えよう。


中学受験算数カンガループリント 損益0510
吹き出し用カンガルー先生イラスト

 
「値引き額」とか、「売り値」とか、これらの言葉は普通に意味がわかるよね。
特に意識的に覚える必要はないよ。

さて今回も、「AはBの何倍なのか」という比較をします。
割合の視点だね。

今回は、「定価」がスタート地点になる。

「定価」に対して、「値引き額」は何倍か。
「定価」に対して、「売り値」は何倍か。
この2方向のみです!前回とまったく同じ形をしているため、非常に覚えやすいですね!!
しっかり暗記しましょう。


中学受験算数カンガループリント 損益0520
吹き出し用まなぶくんイラスト

原価に利益を足したときとそっくりですね。
めちゃくちゃ覚えやすいです。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

そう。そっくりだよね
さて、「売り値は定価の8割」だね。
この言い方も、別の言い方をすることが多いんだ。
「売り値は定価の2割引き」
と言うよ。

 

吹き出し用まなぶくんイラスト

   
「定価」がスタート地点だから、
定価は定価の10割。

定価の8割である売値は、定価から2割引いている、
だから  
「売り値は定価の2割引き」  
とうことですね!

こういう言葉、前にどこかで聞いたことある気がします。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

そうだね。20%オフとかも聞いたことあるかな。

「定価の8割」と「定価の2割引き」はまったく同じ意味を表す言葉なんだ。

このあたりの言葉は商売をやっていない「客」としても出会う言葉だからね。
覚えやすいでしょ。

あとね、「半額」とかも改めて考えてみて欲しい。
これも定価がスタート地点で割合の見方をしている言葉の代表例だ。

割り引きの話は 定価がスタート地点になる。しっかり覚えようね。