食塩水は「全体に対して部分がどれだけあるのか」という割合の代表選手です。非常に多くの学校で頻繁に出題される重要単元となります。

1:食塩水の導入

目次

  1. 食塩水を図で整理する

2:食塩水を図で整理する

例題5

水255gの食塩□gをとかして、濃さ15%の食塩水をつくりました。
□にあてはまる値を求めなさい。

解説

吹き出し用まなぶくんイラスト

公式ではまったく解けないですね。 
図にします。こんな図ですね。


中学受験算数カンガループリント 食塩水導入 0150
吹き出し用まなぶくんイラスト

水は全体の85%ですね。
255g=85%だから。
5で割って、
51g=17%
17で割って、
3g=1%
つまり、
300g=100%

このうちの15%が食塩だから、

300×\(\displaystyle \frac{15}{100}=45\)(g)
求まりました。
45gです!

吹き出し用カンガルー先生イラスト

おみごと!正解。
この問題は、多くの生徒がつまづく問題だよ。
学くんは食塩水を学ぶときに、はじめから「水をふくめた全体」を見て解いているからすんなり解けるのだよ。

吹き出し用まなぶくんイラスト

はい、先生のご指導のおかげです。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

ちなみに最後の食塩を求める計算だけど、
300-255=45
でもいいよね。