例題2

A、B、Cの3人ですると50分で終わる仕事があります。Aが20分休めば、その分をBとCが15分ずつよけいに仕事をする必要があります。あるいはC1人が40分よけいに仕事をする必要があります。この仕事をB1人ですれば、何分で終わりますか。
140分

解説

吹き出し用まなぶくんイラスト

Aの20分=(BとC)の15分=Cの40分

という等式ですね。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

うん、そうだね。
3つ並んだ等式は、そのうちの2つに着目するといいよ。
Aの20分=(BとC)の15分=Cの40分
からは、

・Aの20分=(BとC)の15分
・Aの20分=Cの40分
・(BとC)の15分=Cの40分
の3通りの等式が得られる。
使いやすいものから使って解いていくんだ。

吹き出し用まなぶくんイラスト

・Aの20分=Cの40分
から、
Aの1分の仕事量が②
Cの1分の仕事量が①
とおけます。

次に、
・(BとC)の15分=Cの40分
から
Bの15分+Cの15分=Cの40分
なので、左右から「Cの15分」を引いて
Bの15分=Cの25分
これより、
Bの1分の仕事量が5
Cの1分の仕事量が3
とおけます。

以上を合わせれば、
Aの1分の仕事量が6
Bの1分の仕事量が5
Cの1分の仕事量が3
となります。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

はい、完璧ですね。
あとは正解をだしちゃってください。

吹き出し用まなぶくんイラスト

A、B、Cの3人ですると50分で終わる仕事なので、

653)×50=700

この仕事をB1人ですれば、
700÷5=140

140分で終わります。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

大正解!!

→ 次のページ