等式

等式をおく

吹き出し用カンガルー先生イラスト

学くんもずいぶん成長してきたね。
ここらで、算数という科目の大枠を教えておこうと思うよ。

  

吹き出し用カンガルー先生イラスト

文章題に比がでてきたとき、例えば4:5ならば、④とか⑤とかおくよね。

その後に何をしたら問題が解けるのかと言うと、

ずばり!

このような問題の最終目標は、「等式をつくる」ことなんです。

等式とは、「等号(=)」で結ばれた式のことだよ。

④=600 のような式が等式。
等式の例を他にもあげると、
④+100=⑤
とか
④×2=⑤-200
とか。
     
等式は、「=(等号)」の左部分と右部分が等しい、ということを表しているんだ。
    
等式をつくれたら、あとは計算するだけで問題は解けるのです。

吹き出し用まなぶくんイラスト

ふーん・・・そういうもの? どうして?

吹き出し用カンガルー先生イラスト

だって、最終的に④はいくつか求めろって問題だよね。
④=200とかね。

等式が最終目標なのは、当たり前じゃないかな。

それにね、「どうして」って考えなくてもいい所だよ、これは。
ゲームのルールみたいなものなんだよ。
そのくせ、この大事なルールは、とても大事なくせに
きちんと明言されることも、指導されることもないんだ。
学くんは、しっかりこのゲームのルールを覚えておいて欲しい。

吹き出し用まなぶくんイラスト

はい、しっかり覚えます!

吹き出し用カンガルー先生イラスト

うん、どんどん続きを教えていくよ!
     
小学生にとって「等号(=)」といえば

250+15×6=

みたいな「これから計算するものの最後にあるもの」を思い浮かべがちだけど、等号は、左右が等しいことを表す記号だ。

例えば、1つ前の問題では、29+900=35
という等式がでてきたよね。
     
等式は、てんびんがつりあっているイメージで理解してください。


中学受験算数カンガループリント 比・等式とてんびん 0100
吹き出し用カンガルー先生イラスト

そして、等式は、今までたくさんやってきた線分図と同じものでもある。

                   


中学受験算数カンガループリント 比・等式とてんびん 0110
吹き出し用まなぶくんイラスト

線分図と同じなら、線分図だけあればいい気がしますけど・・・

吹き出し用カンガルー先生イラスト

ところがそれは絶対におススメできない。
線分図で解くととても複雑でめんどうだけど、
式で処理すれば簡単っていうタイプの問題だってあるからね。

もちろん逆もあるよ。
式処理だけではとても複雑でめんどうだけど、
線分図で処理すれば簡単っていう問題もある。
   
式と図を同時進行で使っていくのが一番おススメだよ。

→ 次のページ