連比の文章題

連比の文章題

例題1

父の持ってるお金の5分の2を兄に、3分の1を弟にわたすと2人のもらったおこづかいの差は400円でした。はじめ父の持っていた金額はいくらですか。

解説

吹き出し用カンガルー先生イラスト

「分数のかけ算」は「比」が与えられたのと同じことですよ。覚えていますか?

吹き出し用まなぶくんイラスト

父×\(\displaystyle \frac{2}{5}\)=兄
ということは、父:兄=5:2ですね。

父×\(\displaystyle \frac{1}{3}\)=弟
ということは、父:弟=3:1ですね。

あ!連比ですね!


中学受験算数カンガループリント 連比 0300
吹き出し用まなぶくんイラスト

はじめの父が⑮円、兄が⑥円、弟が⑤円もらった。
兄と弟の差①が400円なので、父は400×15=6000円持っていました。

吹き出し用カンガルー先生イラスト

大正解です。

ちなみに・・・
問題文から、
父×\(\displaystyle \frac{2}{5}\)=兄
父×\(\displaystyle \frac{1}{3}\)=弟
という2つの分数のかけ算があることがわかります。

この2つのかけ算を楽にするためには、父を⑮とすると計算がやりやすいことがわかるよね。

父⑮×\(\displaystyle \frac{2}{5}\)=兄
父⑮×\(\displaystyle \frac{1}{3}\)=弟

父 ⑮  兄 ⑥  弟 ⑤  その差①が400円なので、父は6000円持っていました。

この解き方は、連比で解いたやり方とまったく同じことを、式処理だけでやったということです。

→ 次のページ