流水算

流速や船の静水時の速さが変化するタイプ

例題1

静水時の速さが時速13.5kmの船が川の下流A地点から上流B地点までの48kmを上るのに4時間かかりました。同じところを下るとき、川の流れの速さが上りのときより毎時1km速くなりました。この船が下りにかかった時間は何時間ですか。

解説

吹き出し用まなぶくんイラスト

48kmを上るのに4時間かかるから、上りの速さは、48÷4=12

上りの速さと静水時の速さの差は流速
13.5-12=1.5
上りのときの流速は、時速1.5km

下りのときの流速は、1.5+1=2.5より、時速2.5km

だから、下りのときの速さは、13.5+2.5 =16、時速16km

48km下るのにかかる時間は、
48÷16=3

3時間です。
順番に整理していっただけで解けました。
簡単でした!

吹き出し用カンガルー先生イラスト

正解です!
ただ情報整理するだけ。
まったく考え込むところなどない問題でしたね。

保護者さまへ
  
ひらめきなどまったく必要のない問題ですが、情報を1つ1つ整理していかないと、途中で混乱が起きます。このような問題を、苦もなく正解がだせるように練習を積まないと、より難しい問題にはチャレンジできません。しっかりと反復練習をしましょう。

例題2

静水時の速さが時速18kmである船が川の下流Pから上流Qまでの30kmを上るのに2時間かかりました。同じところを下るとき、船が故障して、船の静水時の速さが上りのときの半分になりました。下りは何時間かかりましたか。

解説

吹き出し用まなぶくんイラスト

30kmを上るのに2時間かかるから、上りの速さは、30÷2=15

上りの速さと静水時の速さの差は流速
18-15=3
流速は、時速3km

下りのときの静水時の速さは、上りの半分だから、
18÷2=9より、時速9km

だから、下りのときの速さは、9+3 =12、時速12km

30km下るのにかかる時間は、
30÷12=2.5

2.5時間だから、2時間30分です。
これも順番に整理していっただけで解けました。
簡単でした!

吹き出し用カンガルー先生イラスト

正解です!
普通の整理して計算するだけの問題ですね。