1:ケアレスミスはなおるのか

スポンサーリンク



ケアレスミスのなおしかた!?

「テストではできなかったんですが、家で解きなおすとできるんです。あと30点は取れたはずでした。うちの子はケアレスミスが多くて、どうしたらなおりますか」
大手塾の定期テストの後でよく聞く言葉、質問です。

ケアレスミスという言葉は頻繁に用いられますが、それが指し示すものは1つではありません。一口にケアレスミスとくくられるものには
1 問題の読み違え
2 聞かれていない方を答えてしまう
3 計算ミス
などが挙げられます(他にもあるでしょう)。

これらを防ぐための対策が講じられることもありますが、
その対策を意識してテストに臨んで、果たしてなんらかの向上が見込めるとは思いません。
1,2などはどうやって防ぐのでしょうか。
落ち着いて問題文を読むんだよと諭したとして、これが特別な対策だとは思えません。
あたりまえのこととしかいいようがないです。
意識を高く持て、集中しろ、と諭すのも同じことです。

そもそも生徒、保護者からケアレスミスという言葉が出るとき
「本当なら正解できたのに間違えた」
「実力を発揮できなかった」
このようなニュアンスを含んでいることがほとんどです。

「この間違い、失点は実力ではない」
という見解です。
これは果たして正しいのでしょうか?
筆者は大いに疑問符をつけたいと思います。

ケアレスミスはなおらない

「まったく手も足もでなくて失点したわけではない、もうちょっとで正解だった」
という点は、きっと嘘偽りのない事実なんだと思います。

でもそれを「ケアレスミスだった」という甘えの言葉で慰めていても、なんら建設的ではありません。テスト本番において、ある問題を最後の最後まできちんと解き切り、それを解答用紙にきちんと書く。ここまでやりきれることが「実力」なのであって、今回正解できなかったのは「実力不足」であった、と認めないと一歩も前に進めません。
テスト(入試)において、正解か不正解か、ALL or Nothingで採点されることがほとんどです。精密に緻密に最後までやりきれること、その力まで身について「実力がある」といえるのです。

「うちの子はケアレスミスが多くて、どうしたらなおりますか」
に対する回答です。
なおる、なおらないという論点ではありません。
実力そのものを高めていくしかないのです。

より詳しく見ていくことにしましょう。

続きの記事はこちら

スポンサーリンク



Follow me!