SAPIX 4年 ウインターサピックス F41-02 数のせいしつ

SAPIX(サピックス)のウインターサピックスの学習の手引きです。
家庭学習の指針にお役立てください。

スポンサーリンク



ポイント

重要な問題が多いです。焦らずに、じっくりと取り組みましょう。
この1冊を2週間かけて繰りかえすくらいで丁度よいです。

数の基本問題①

1⃣ 基本
言葉の意味から、求め方まで、しっかり身についているでしょうか。
復習内容です。

2⃣
 これも1同様、復習です。

数の基本問題②

4題すべてが重要定番問題です。1つ1つしっかりと理解し、定着させることが最重要です。
本テキストの最重要ページといえます。

(1)公約数とは何か、しっかり理解できているか確認です。
また、あまりについての知識も必須です。

(2)公倍数+5 になることの確認。なぜそうなるのか、まできっちりと確認させておきたい。

(3)2不足が共通であるという知識問題。

(4)ベン図の処理を正確に行えるように。

ついたり消えたり

1⃣ 標準
 周期の問題です。2つの周期が、1まとめで周期になるのは・・・最小公倍数です。
 これは、めちゃめちゃよく出題される重要知識です。

2⃣  1⃣と同様です。1周期(最小公倍数)まではきっちり調べ切ります。あとは繰り返しです。
  

平方数

1⃣ 標準
  素因数分解であることをすくに見抜きたいですが、教えて理解・暗記させるでもかまいません。

2⃣ 難
 公立中学で3年生に扱うような内容です。すぐにできなくとも構いませんが、素因数分解による解法は目にしておきましょう。
 

最大公約数と最小公倍数

1⃣ 標準から難
連除法を用いて、論理パズルをします。よくある出題です。
星3つですが、しっかり解いておきたい1題です。

2⃣ 標準から難
連除法です。複数回答なので、やや難しいですが、定番の良問です。
星3つですが、しっかり解いておきたい1題です。

応用問題に挑戦

良問。
調べれば、それほど時間もかからず解ける問題。
この問題を、すぐにわからない教えて、と言うようでは、算数に対する学習姿勢がかなりまずいといえます。試金石になります。
ぜひ取り組みましょう。

頭脳トレーニング

簡単ですし、良問です。
わからなかったら、15分は粘ってほしい問題です。
ぜひ取り組みましょう。

計算力コンテスト

「計算力コンテスト」は、連続正解のルールにとらわれる必要はありません。
(30)までは絶対に取り組みましょう。
(40)までも、できるだけ取り組みましょう。

スポンサーリンク



Follow me!